読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内会議

考え事が好きな人の頭の中身

宛ての無い

考え事

今日はちょっとふと思った事を書こうと思う。

あるでしょ、そういう日。なんとなく、誰かに伝えたいけどどうやって伝えていいか分からない言葉たち。

どんな顔をして、どんな心持で、どんな場面で伝えたらいいのか分からない、そういう言葉たちが、誰にだってあるでしょ。

本当はこのブログはそういう事を書きたかったんだよなぁ。忘れてた。

会議とかじゃなくって、そういうの書き出す為に作ったんだったなぁ。

 

まあいいや。

 

私は何かに対してはっきりと『好き』と伝えることが得意ではないらしい。

らしいって言うのは、あんまり自覚を持っていなかったから。

指摘されて初めて知った。

 

確かに私はあまり「好き」と言わない。

強いて言うなら「ネコが好き!」これくらいか。

他の事は多分あんまり言わないんだ、好きって。

 

それはもしかしたら「好き」の言葉を、気持ちを、否定されるのが怖いからかもしれない。

もしかしたら、ただ伝え方を知らないだけなのかもしれない。

でも、あまり言わない。言うタイミングも分からない。

 

だけど「好き」と言う気持ちはしっかりあるんだよ。心の中には。

でもそれははっきりとした形がないから、もしかしたらはっきりとした言葉に出来ないだけなのかもしれないけれど。確かにある。あるものはある。

 

今まで私は何人かの人たちと恋人になって来た。

その人たちにも「好き」って伝えた事、あんまりない。

無さ過ぎて「本当に好きと思ってるのか分からない」と言われてしまった事もある。

そういわれると私は「そうか、伝わっていないのか」と少し落ち込むのだけれど、自分が落ち込むなんてお門違いだよと、今は思う。

伝わるわけないんだ、伝えてないんだから。当然だ。

 

 

私は今月、生まれて初めて二人暮らしを始めることにした。

私にとっては二人暮らしは未知の世界で、うまくやっていけるのかどうか分からなくて、その決断を出すにもかなり悩んだ。

 

 

彼は私とは生きてきた世界が全く違う。

見てきた風景もきっと違う。感性も性格もまるで違う。

持ってる常識もルールも全然違う。

だから当然のことながら、今まで何度もぶつかった。

たくさん傷付いたし、たくさん傷付けながら恋人をやってきた。

何度も恋人を辞めようと思いながら、それでも彼との終わりが見えなくて、ここまでやってきた。

終わりが見えなければ終われない。だから今も恋人として続いている。

そんな彼と一緒に暮らす。

 

最初は不安しかなかった。絶対上手くいくわけないと思ってた。

でも、ある日、「大丈夫」だと思った。

根拠はないけど、「あ、大丈夫だ」と思ったんだ。

だから一緒に住むことを決めた。

 

 

私は彼と一緒にいるようになって色々な事が変わった。

性格も少し変わった。モノの見え方も少し変わった。だから捉え方も変わった。

狭かった世界が少しずつ広くなっていってる。

 

 

そして、自分の汚い所も顕著に見えるようになってきた。

汚い所が見えたら自分を嫌いになるかと思ったけど、意外とそうでもなかった。

それは何より、彼が私を受け止めてくれているからだろうなと感じている。

 

 

さて、いよいよ何を書きたかったのか分からなくなってきたのでそろそろ切り上げよう。

 

 

私は今二人暮らしがとても楽しみだ。

どうなっていくのかは分からない。上手くいかないかもしれないし、いくかもしれない。

それでも、楽しみだ。

 

 

要するに、私は、感謝しているよ、って事。

出会えてよかったと思っているよ、って事。

きっと貴方が思ってる以上に、貴方の事好きだよって事。

そして、尊敬しているよ、って事。

 

多分、本当はちゃんと目を見て伝えないといけないんだけど。

なんとなく、直接伝える勇気はないから。

こうして支離滅裂な文章を書いてみた。

 

 

きっと後日見返したら気持ち悪くて削除するだろうな。

まぁ、たまにはいいか。

 

 

じゃ、今日はここまで。