読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内会議

考え事が好きな人の頭の中身

モノを作る工程

考え事

先日メインブログの方で「モノを作る時にどういう流れで考えているのか頭の中を見てみたい」とコメントを頂いた。

 

私は絵が描けないのだが、そういえば私も「絵を描ける人の頭の中は何を描こうと思ってどうやって頭の中でそれを想像して絵にしているのだろう」と思った事があり、自分とは違う頭の中を覗き見る事が出来たらさぞ面白いだろうな、と考えた。

 

今まで意識せずにものつくりをしていたのだが、試しに自分の頭の中でどういった流れで色々な事を考えているのか観察してみることにした。

 

****

 

当然のことながら、まずは自分がどのようなものを欲しているのかを考えるところから始まる。

 

アクセサリーならどんなデザインのモノで、どんな色のモノなのか。

実用的なものなら、どんな用途で使うのか、その為にはどんな形であるべきなのか。サイズはどれくらいなのか。

まずは自分が欲しているモノを脳内で吟味する。

 

今回はメインブログで紹介したランプシェードを例に挙げていこうと思う。

nekonoko-life.hatenablog.jp

 

ちなみにこのランプシェードは完全にその場の思いつきだった。

まず、トイレの照明器具が必要なので、ソケットと電球を買おうとしたところから話は始まった。

 

ソケットと電球を購入したところで『裸電球だとちょっと寂しいからシェードが欲しいな、ただし極力安いもので』と思い至る。

 ↓

そういえばだいぶ昔、100円ショップに和紙で出来た提灯のようなシェードが売ってた気がするから見に行ってみようと、100円ショップへ向かう事にした。

 ↓

いざ100円ショップへ到着して売り場をうろうろしていると、例のプラスチックのボウルを見つけた。

 ↓

そのボウルを見て『ガラスのボウルを加工して穴をあけて、ランプシェードとして販売している雑貨屋があったな。あれ可愛くて欲しかったんだよな。もしかしてこのプラスチックのボウルなら私でも加工出来そうだから、似たものが作れるのではないだろうか!?』と考え、意気揚々とボウルを購入することを決意。

 ↓

しばらくその場でボウルを手に持ち、家にある工具でどのように加工出来るか考える。

 ↓

『カッターはまず無理だろう。のこぎりも歯が引っかかって無理があるだろう。となるとやはりドリルだろうか。ソケットが通るための穴をあければいいけど、さすがにドリルの穴では限界があるな。…そうか。ソケットを通す穴の外周をドリルであけていけば、缶切りの要領で空けられるかもしれないぞ。とりあえず失敗しても100円だし、チャレンジしてみよう』と、加工方法を決定した。

 ↓

早速帰宅し、工具を取り出す。

 ↓

そしていざ、チャレンジ。

実際に作業をしてみると不具合が出るので都度調整する。

(今回の件で言えば、ドリルで外周を空けてくりぬいた際、思いのほか切り口ががたついていて手を切りそうだったので、やすりで削る工程を付け足した)

(更にやすりで削っている途中、やすっているその部分が熱を持ってしまったので、蛇口の下で水を流しながら作業するようにしたりした)

 

****

 

と、このような感じだろうか。

 

今回のランプシェードは以上のような工程を経て作られたものとなる。

 

頭の中で考える順番などはその時に作るもので全く異なるのだが。

 

以上、私の頭の中を少し覗き見した気分を味わっていただければ幸いである。

 

今日はここまで。