読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内会議

考え事が好きな人の頭の中身

弱音を吐かせてください

そして、弱音を見たくない人や気持ちが引きずられやすい人は見ないでください。

いま、どうしようもないんです。

頭と心がごちゃごちゃしていて。

だから吐き出したいだけなのです。

 

 

****

 

 

今の家に引っ越したのが今年の1月。

たくさんの希望や思いを抱えて引っ越してきました。

 

私は他人と一緒に暮らすのが初めてだったから、たくさん戸惑いや不安も抱えて引っ越してきました。

 

どうかこの生活が上手くいきますように、そんな願いも込めて、本ブログをお引越ししたりもしました。

 

しかし8月現在。

たったの8か月。

この生活は幕を引きました。

 

私の願いも思いもはじけ飛んじゃった。

その結果を導き出してしまったのは他でもない、私自身です。

 

私はここ最近、心がからからと干からびていっている感覚をずっと抱いていました。

厚かましいのだろうけれど「愛されてる実感が持てない」という思いをずっと捨てきれずにいたからです。

「愛されたい」と思ってしまう事がそもそも間違っているのかもしれない。

でも、それを望んでしまっていた。

 

だけど、そう願うのとは裏腹に、真逆の事が起きてしまう。

実際相手の思いは分からない。

でも「これ、私、大切にされてないな」と勘ぐってしまう事が、一緒に住み始めてからぐんと増えてしまった。

 

悲しかった。

たぶん、ただ悲しかっただけ。

でもそれに耐える事が出来なかった。

 

じわじわその悲しさは浸食をしていって、怒りやイラつきや落ち込みに形を変えてしまっていた。

 

冷静になれば、あの時のあの行動も、あの時のあの言動も、たくさんたくさん愛情が詰まっていたものだという事はわかるのに。

私はそれを跳ね返して、自分の望む形ばかり求めていたのだという事が今になったらよく分かります。

 

何でもっと素直に愛情を受け取れなかったんだろう、と言う思いと、

どうしてこうしてくれなかったんだろう、と言う相反する思い。

 

あんなに優しくしてくれてたのに、と言う思いと

私は優しくできていたのだろうか、と言う罪悪感。

 

愛情の形何ていろいろあるのに、欲張り過ぎたのかな。

 

今私の中にあるのは

自分らしさを奪ってしまうような事ばかりをしてしまって、本当にごめんなさい、と思いと

それでも本当に大好きだったのは間違いないんだよ、と言う思いと

だけど、ちゃんと愛しきれなくてごめんなさい、と言う後悔が大きい気がします。

その他にも、ありがとうと言いたい事が山ほどあるし、でもやっぱりごめんなさいと言いたい事も山ほどあって、良く分からないのが正直なところかもしれません。

 

こういう時って、本当にたくさんの感情や思いや思考が浮かんでは消えるので、自分をどこに置いておいてあげたらいいのか分からず、とてもとても辛いものです。

 

私はこの2年間で、本当に変わったと思います。

それは紛れもなく、この2年間があったからに間違いありません。

私にとって、とてもとても大切な時間、そして大切な人であったことはこの先一生変わる事はないと思います。

 

今はまだ自分が錯乱状態にいるから何を言いたいのかもよく分らない為、本当にこれは吐き出しただけの文章で、さぞ読みにくかろうと思います。

 

そして、このブログの存在を知っているあの人が目にしない事を祈るばかりです。

 

とにかく、今は、悲しい。

悲しくて悲しくて、耐え難い。

でも、もう絶対すがってはいけない。

ちゃんと前を向いて歩いて行かなきゃ。

 

だけど、ちょっと疲れたから

少しだけ休もうかな

 

きっと立ち直るまでには長期戦になるだろうから

それを持ち堪えられるようにしなきゃ

 

なんかさみしいな

 

一人でいる事が好きだったのに、あの人と一緒にいたから、一人でいるの、辛くなっちゃった。

あぁ、本当にあの人の事大好きだったしあの人と過ごす時間が好きだったし、優しさに甘えきってたんだな、きっと

 

また一人にも、なれなきゃ