読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内会議

考え事が好きな人の頭の中身

心の弱いあなたにも問題がある

最近Netflixと言うサービスに登録した。

 

www.netflix.com

 

月額650円で映画やドラマが見放題、というサービスだ。

コンテンツ的にはちょっとがっかりな品ぞろえだったりもするけれど、暇つぶしをするには丁度いい。

はじめの1か月は無料なので、とりあえず無料期間は楽しむ予定だ。

 

その中で昨日見ていたドラマがある。

「リミット」と言うドラマだ。

何年か前にテレ東でやってたみたいだね。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

このドラマのあらすじは

 

・交流キャンプへ旅立った高校のクラス生徒。

しかしキャンプ地へ向かうバスの運転手は夜勤明けで寝不足の運転手だった。急遽シフト変更を会社から命じられたのだ。

寝不足の運転手。途中で意識が朦朧としはじめ、キャンプ地までのルートを間違ってしまうが、それに気が付くこともなくふらふらと運転を続ける。

山道でカーブに差し掛かったその時、ついに運転手は意識を失ってしまう。それと共に崖から転落するバス。

 

クラスメイトのほとんどが死亡し、生き残ったのはたったの数名。

救助を待つが、途中で進路を外れているせいで発見が遅れてしまい…

 

そんな最中、生き残った生徒同士争いが勃発。

みんなの運命はいかに…!?

 

みたいな感じ。

 

それで、このドラマの途中にこんなセリフが出てくる。

 

「心が弱い○○さんにも問題があると思う」

 

このセリフに、ものすごく嫌悪感を抱いた私。

今日はこれについて書き連ねる。

 

****

 

心が弱いあなたにも問題がある、と言う言葉。

この言葉、暴力以外の何ものでもないと思っている。

 

人間の心は、本来必要な時期に必要なものを与えられて初めて強くなる。

 

例えば親からの愛情。

友人との信頼関係。

何かを成し遂げた成功体験。

人から認められる承認欲求。

 

こういったものが成長の過程で親や周りの人間から与えられて、初めて「心の土台」のようなものが出来上がる。

この「心の土台」が無いと、自分に自信が無かったり、弱い自分を隠す為に虚勢を張ったりするのだ。

 

そして土台が無い人は、他人からのちょっとした一言で心がぐらついて、どうすることも出来なくなってしまう事がある。

 

でもそれは、決してその人の心が弱いのが悪いのではない。

弱い心が出来上がってしまった、それまでの環境が悪いのだ。

言うなれば、弱い心の持ち主は被害者でもある。

 

それなのに、「心が弱いあなたに問題がある」と言われてしまったらどうだろう。

これは「痴漢をされたあなたにも問題がある」や「強盗に巻き込まれたあなたにも問題がある」と同等の暴論を言われてるのと変わりないのではないだろうか。

 

****

 

心が強い人には分からないのだ。

心が弱い人の事が。

心の弱い人の感情が。

心の弱い人の繊細さが。

それはもう仕方ないのだ。

 

私はそういう人間とは、もう分かりあおうとも思わない。

ただ一つ願うのは、分からないなら分からないなりに、下手な手出しをしないでおいて欲しい。

「分からない」は時に人を傷つける。

それを自覚して、理解する気が無いのなら、下手なことを言わずにいる。

それが相手の為であるという事を知って欲しい。

これ以上、何気ない言葉の暴力で傷付く人が出ないように。

そう願ってやまない。

 

本日の会議はここまで。