読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内会議

考え事が好きな人の頭の中身

好きな人の全てを好きになる必要はない

今日はとあるツイートに触発されて、つらつら呟いた事を少し添削して記事として書きます。

 元となるツイートはこれ。

 

このツイート。本当この通りだと思うけど、実はこれが分からずに苦しい思いをしている人って多いのではないかと思う。

 

どんなに尊敬してる人が居たとしても、その人に対して嫌だなと思う部分があったりするし、嫌いな人であっても『この人のここはすげーわ』とも思う部分があったりする。

これ、別に何もおかしくないし変じゃないし、とっても当たり前の事だと思う。

 

例えば、貴方がカレー好きだったとする。

でも、その中に入っているニンジンが嫌いって事、あるよね。

逆に、ニンジンは嫌いなんだけど、カレーに入ってたら食べられるって事も、あるよね。

おかしな例え話だけど、こういう事だと思うんだよ。

 

わざわざ何かを統一しなくて良い。

ニンジンが嫌いだからニンジンが入ってるカレー丸っきり嫌い!だなんてならなくていいし、カレーが好きだからその中に入っている物全部好き!って無理にしなくてもいい。

好きな部分は好き、嫌いな部分は嫌い、でいいんだよ。

 

それに、誰かの事を尊敬して全肯定状態になったら、それただの心酔でしょ。

心酔と言うより、信者というか。

それってとても怖い事だと思う。

だって人って自分の中に「好き嫌い」「良し悪し」の判断基準を持っているはずなのに、それが機能しなくなるって事だから。
かなり盲目的になってしまうよね。

かなりその存在との境界線が薄れるよね。

だから、尊敬はするけど相容れない部分がある、みたいな状態ってある種とっても健全な状態なんじゃないかな。

 

もしもどこかに、『大好きな人の事の全てを好きになれなくて悩んでる』みたいな人がいたら、私は声を大にして言いたい。

 

『全て丸ごと好きになる必要なんてない』って。

 

人間は色んな面がある。色んな表情がある。色んな感情がある。

他人である以上その全てを見ることはとても難しいし、その全てを受け入れる必要はない。

貴方と相手はそもそも価値観が違う人間なんだから。

「価値観が似ている」事があったとしても「全く一緒」なんてほぼないんだから。

だから貴方が大好きな相手に対して嫌だと感じたとしても、それはとても尊い貴方の感情だという事を忘れないで欲しい。

それで良い。嫌だと感じる部分を無理やり受け入れる必要ない。

ただ、「相手にはそういう部分があるのだ」と客観的に受け止めてれば良い。

 

嫌だと思うその感情は貴方の大切な感性。

どうしても嫌なら冷静に相手に嫌なことを伝えたら良い。もしかしたら相手は、貴方の嫌だと言う感情をあっさり受け止めて改善してくれるかもしれない。もしかしたら改善してくれないかもしれない。

そこは相手の自由意思だから、その後の相手の行動にはあまり期待を寄せない方が良いけれど。


全てを受け入れられずとも、理解しあって関係を深めていくのが信頼なんだと思う。良い部分と悪い部分、両方あっての人だから。好きな人の全てを好きになろうとしなくていいんだよ。

好きは好き、嫌いは嫌い、という貴方の感覚を、まずは一番に大切にして欲しいと心から思う。