脳内会議

考え事が好きな人の頭の中身

「許す」を強要する事の暴力性

他人との間に何か問題が起きたとき、

『被害者vs加害者』という構図になる事はよくある。

 

加害者が被害者を虐げ、被害者は苦しんだり辛い思いをする。

そんな構図をよく目にする。

 

そして問題が終息する時に起きる事と言えば

『加害者が被害者に対して謝罪する』という事だが、この『謝罪』と言う行為について以前から違和感を感じる事があったので、今日はその事について書いて行こうと思う。

 

*********

 

さて、皆さんは『謝罪』という行為は誰の為にあるものだと考えますか。

きっと『被害者』の為にあるとお考えでは無いでしょうか。

 

本来であればその通り。

 

『加害者』が『誠心誠意を尽くし』『被害者』に謝罪したならば、それはきっと被害者の為の謝罪だと言えるだろう。

 

しかし私は、実際に行われるその多くが、実は『加害者の為』の謝罪になっているように感じてならない。

 

日本では、小さい頃からの教育の中でこのような事を言われることが多いと思う。

 

「謝ったのだから、許してあげましょう」

 

小さい頃に友達とケンカした時に先生から「○○君はこうやって謝っているじゃない。△△ちゃん、許してあげよう?」という事を言われたこと、もしくは言っているのを聞いたことがある人は多いのではないだろうか?

 

この場合の謝罪は、本当に被害者にとっての謝罪になっているのだろうか。

いや、なっていない。

この謝罪は「加害者が許されるための謝罪」となっているのではないだろうか。

 

『謝罪』と『許し』はセットにされているが、本当はその二つは全くの別物である。

 

『謝罪』は加害者がするもの。

『許し』は被害者がするもの。

 

この二つは全く別の人間が行うものであって、「加害者が謝罪したから」といって「被害者が許すかどうか」は別の話なのだ。

実際に「謝られても気持ちがおさまらず、許す気になれない」という感覚を味わった事がある人はいるだろう。

また「謝っているのに、相手がなかなか許してくれない」という経験をしたことある人もいるのではないだろうか。

 

『謝罪』は『許される』為にするものではない。

『謝罪』は『自分の行った事に対して詫びる』ものだ。

 

その結果、被害者側が「貴方が心から詫びているのなら、もういいよ」と思ってくれて初めて『許す』になるだけである。

もし被害者側が「貴方が何を言っても、その行いを許すことは出来ない。貴方の謝罪を受け入れない」となってしまえば『許し』て貰えないのだ。

 

世の中では

『謝罪する』=『許される』

という方程式を絶対的なものだと思っている人が沢山いるようだが、それは全くの間違いである。

 

ここでとても怖いのが、『謝罪すれば許される』という方程式を絶対的なものと信じている人によって行われる『許しの強要』だ。

 

『謝ったのだから許してあげてよ』

 

このセリフを、貴方はどのように受け取るだろうか。

もしこれを「当然でしょ」と思った方は、よくよく考えてほしい。

 

そもそも『謝罪』は罪を詫びるために加害者がする事で、『許す』はそれを受けた被害者が納得してする事だ。

これは二者間で行われる話ではあるものの、あくまでも二者は全く別の人間であり、全く違う感覚を持った他人である。

 

もしも被害者側が「何度謝られても、どうしても許す気持ちになれない」となっている場合に「謝ったのだから許してよ」と言われたらどうだろうか。

 

被害者側だって、意地悪で『許さない』わけでは無い。

時には『許したくても許せない』場合だってある。

それなのに『謝ったのだから許して』と言うのは、ただの暴力ではないだろうか。

 

極端な話になるが、例えばここで起きた問題が「殺人」だったとしよう。

加害者は被害者(遺族)へ『謝罪』をする。

被害者(遺族)は『謝罪』を受けたからと言って、加害者を許すことが出来るだろうか?

 

そう簡単に許せることではないだろう。

 

それなのに、『謝ったのだから許してよ』と言われたらどうだろう。

『何故謝られただけで許さなければいけないのだ』となるのではないか。

『謝られたからと言って、許せる問題ではない』となるのではないか。

もしここで被害者(遺族)が警察や弁護士、または世間から『加害者は謝っているのだから許してあげて』と言われたら、それは言葉の暴力と感じるのではないだろうか。

 

それこそ、謝って済むなら警察はいらない、状態だ。

 

そして日常的に起きている小さな問題だって、これと変わりないのだ。

『謝罪』と『許し』はセットではない。

全く別の問題なのだ。

 

謝罪をするかどうかは加害者が決める事である。

そして、それを許すかどうかは被害者が決める事である。

 

全く持って、別の話なのだ。

 

*******

 

『謝ったから許される』と言う考えを持っている方がもしこれを読んでいたのであれば、ぜひこれだけは覚えておいてほしい。

『自分が謝罪することと、それに対して相手が許すかどうかは別の話である』と。

 

そして、なかなか人を許せずに苦しい思いをしている人にも伝えたい。

『相手が謝罪して来たからと言って、自分の気持ちを殺してまで相手を許す必要はない』のだと。

 

謝ったら許されることが当然だと思わないでほしい。

そして、謝られたからと言って、許すことが当然だと思わないでほしい。

この二つは全く別物だと、どうか頭の片隅に置いておいて欲しい。

 

今日の会議はここまで。