脳内会議

考え事が好きな人の頭の中身

他人の為に生きることは出来ないけれど

私という人間はどこまでも自分中心な人間だ。

何をするでも、自分が楽しくなければやりたくないし、自分がやりたいと思わなければ何もできない。
 
例えば「大好きな恋人の為に、恋人が好きな料理を作って、帰ってくるのを待ってるの♡」的なあれがあるけれど、私にはそれが出来ない。
他人のために生きることがどう頑張っても出来ないのだ。
「『私が』恋人の為にご飯を作りたいから作る」なら出来る。
「『恋人の為に』ご飯を作る」が出来ない。
どこまでも自分中心。
だから他人中心になると、途端に息ができなくなって苦しくて溺れてしまいそうになる。
 
そんな私の信念や指標となるモノは、当然「自分自身」になる。
 
それを行う事が自分にとって良い事なのかどうか。
それは自分が楽しくなれるのか。
それで自分は自分に胸を張れるのか。
 
全てはそこに帰着する。
 
だってこの人生は私のモノだし、自分が自分を幸せに出来なければ、誰も幸せに出来ないじゃない。
 
無いモノは他人に与えられない。
自分が満ちて初めて、他人に矢印を向けることが出来る。
だから、まずは自分。 自分第一。
 
 
 
考え事の多い私は、当然悩み事も多い傾向にある。
何で悩むのかと言われれば多種多様なのだけれど、悩んでいる時はだいたい自分の指標を見失ってるときが多い気がする。
 
そんな時に思い出すのは「自分はどうしたいのか?」という言葉だ。
 
自分はどうしたいのか。
自分の本当の気持ちはなんなのか。
自分の気持ちに正直になれているか。
 
何かの決定を下すときには、当然「自分以外」を考慮しなければならない。
その時に置かれている状況、関わる人、タイミング。
それも念頭に入れた上で判断をしなければならない。
ただその「自分以外」が先行してしまうと、この悩みからは抜け出せなくなってしまうのだ。
そこに「自分」がいなくなってしまうから。
意思決定を下す本人が不在では、何も決められないのだ。
 
だからこそ、必ず「自分」はどうしたいのかを決めた上で「自分以外」の状況を鑑みて決定を下す必要があると考えている。
 
*************
 
さて、私はここ数日頭を抱えていた。
今の状況と関わる人の事ばかりを考えて、自分の意思を無視して決断を下そうとしていたからだ。
 
あーでもないこーでもないと考えながら頭を抱えていた時に、ふと「自分はどうしたいの?」とどこからともなく問いかける声が聞こえた気がした。
そうしてやっと冷静さを取り戻し、自分に胸を張れる唯一の答えを見つけることができた。
 
 
私という人間はどこまでも自分中心な人間だ。
 
それでも。
 
私はこの人生が意外と気に入っている。
後悔する事の少ない人生を歩めている。
誰かに迷惑をかけたり傷つけたりしながらも、たくさんの人に支えられているこの人生に愛着を持っている。
 
今回見つけた答えを見失わない様に、これからも大切に前に進んでいこうと思う。
 
今日はここまで。